イクメン地味リーマンと妻の日常生活とつぶやき

A
B
C
D
E






30歳の地味なサラリーマンです
仕事から帰宅後は子育て見習いしています
妻は育児とパートのお仕事を頑張ってます
妻のご実家にもとてもお世話になってます
何気ない日常生活をブログに書いてみます
みなさんのブログをたくさん読みたいです
よろしくお願いいたします

ケンタ君と散歩できました♬


みなさん ありがとうございます

朝から 猛烈な日差しの土曜日になりました
朝5:00なのに 
東側の窓の辺りが 
もうオレンジ色に眩しく輝いていました

体が熱くて 寝ていられなくて 朝4:00に起きてしまいました
たくみです 

 (^▽^)/ 昨夜は23:30に気絶したように寝落ちしました・・笑


ウチの奥さんは 深夜1:30頃に
ファミレスのバイトから帰宅したみたいでした・・



奥さん
「ちょっと起きてよ・・ また 部屋の照明とテレビつけたままなんだけど・・
 パソコンも開いたままでしょ・・ どうして いつも あなたって
 電気をつけたままで寝ちゃうのよ・・ もう本気で バカじゃないの・・w」



「あぁ・・ ごめんなさい・・ またやっちゃったぁ・・
 ファミレスのバイト お疲れ様です・・ やっぱり金曜日の夜の
 ファミレスって お客さんが いっぱい来るんでしょ・・
 いま・・何時なんでしょうか・・ なんか 体が熱くて
 ぜんぜん眠れなかったぁ・・ ふぅ・・・」



奥さん
「いま2時よ・・ あなた ちゃんと ぐっすり寝てたわよ・・
 ぜんぶ電気つけたままでw 今夜は お客さん少ないほうで良かったわぁw
 やっぱり不景気なのかしら・・ 金曜日なのに・・ 
 私 これからシャワー浴びてくるけど あなた また これから眠れるの?」




「う~ん・・ どうだろ・・ たぶん眠れないと思う・・」



奥さん
「そうなの・・ 私 シャワーのあと すぐに寝ちゃうけど
 いいでしょ? 昼間のパートのお仕事も忙しくって 疲れてるから・・」




「はい もちろんです・・ 本当に お疲れ様です いつも すいません・・」



奥さんの証言によりますと・・
 僕は 奥さんに 謝罪の言葉を残したまま・・
  そのまま すぐに寝てしまったそうです・・



奥さんも ちょっと寝苦しかったみたいでした・・
朝6:00に目が覚めちゃいました・・



奥さん
「おはよ・・ やだ 朝から こんなに暑いのね・・
 ・・え? そうね・・ あとで お昼寝するわぁ・・w
 あ・・ あなた いま どうせ お暇なんでしょ
 あのね 7時までに 私の実家に行って
 ケンタ君と 一緒に お散歩してきてw
 いいでしょ? できるでしょ? あなたなら 大丈夫でしょww」


はいラジャー 了解です 御意のままぬ笑


そのあと 僕は 自宅アパートから 1.5Kmくらい離れている
奥さんの ご実家まで 歩いていきました・・








奥さんの ご実家の ケンタ君と散歩するのは
3ヶ月ぶりでした とても楽しくて 爽快感と満足感に
満ち溢れた お散歩になりました
有意義な朝の時間を過ごせるって 本当に素晴らしいことだって
ケンタ君と会話をしながら 体感できて幸せな気分になれました~


ちなみになんです ケンタ君って お義姉さんがつけたそうです
元広島カープ 現ロサンゼルス・ドジャースの
前田健太投手のファンだからみたいです・・笑


お義父さん
「ご苦労さん・・ いつでも遊びにおいでよ・・笑」


お義母さん
「そうよ たくみさん 遠慮しなくていいのよw」


お義兄さん
「たくみ君 ごめん 僕ね 昨日ちょっと飲みすぎちゃって・・
 もちろん 明日は 僕が ケンタと散歩する」

お義姉さん(お義兄さんの奥さん)
「たくみさんって・・ 本当に・・ お人好しなのね・・ww」


いえ いえ こちらこそ オリゴ糖 じゃなくって
ありごとうござりました  ケンタ君との お散歩は
本当に楽しかったんでっす


みなさんも お散歩は好きなんでしょうか?
では 良い一日になりますように